Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English

ICISC 2001 (The 4th International Conference on Information Security and Cryptology)    2001.12.6-7

  1. 参加者 : 宮地助教授, 多田助教授, 河内恵(M2)

  2. 学会の様子

     第4回ICISC は,2001年12月6,7日,韓国の首都ソウルにある 63ビルディング( 韓国で一番高いビル、日本のサンシャイン60に非常に似ている)にて開催されました.本会議の目的は,情報セキュリティや暗号に関しての研究及びアプリケーションの論文を発表するための公開討論の場を提供することにありました. プログラム委員会は,102の論文を17カ国(オーストラリア,ベルギー,中国,デンマーク,フランス,ドイツ,インド,イタリア,日本,韓国,オランダ,スペイン,台湾,タイ,ベトナム,イギリス,アメリカ)から受け取り、その中から32本の論文を,8つのセッションのプレゼンテーションの為に選択しました.論文のアクセプト率は31%(32/102)でありました.また,"Provable Security in Public Key Cryptography" と題した David Pointchval(ENS, France)による招待講演もありました.この発表は私に深い感銘を与えました. 我々は自らの研究(セッション6: A Multi-signature Scheme with Signers' Intentions Secure against Active Attacks)を発表するために本会議に参加しました.韓国の大学院生は非常に流暢な英語を話すので,私も英語になれてゆかねばと思わされました.


【戻る】