Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English

RSA 2004(米国,サンフランシスコ)   2004.02.23-27

  1. 参加者 : 宮地助教授

  2. 学会の様子

    第 4 回目の RSA-conference で開かれる暗号関連の session である.
    アクセプト率は 28/77 (36%) である.米国,UK,日本,韓国,
    フランス,ドイツ,ベルギー,デンマーク,カナダ,オーストラリア,
    マレーシア,台湾,オーストリア,オランダ
    の発表があった.今年は昨年と比較して欧州からの発表が多く,日本からの
    発表は3件であった.
    ハッシュに関する安全性,ストリーム暗号,鍵進化暗号,暗号モード,
    サイドチャンネル攻撃に関する発表など,最近の流行のトピックを特定の
    分野に偏らず発表している.
    今年は Silvio Micali と Dan Boneh の招待講演があった.Silvio Micali の
    講演は,fair exchange に関する内容で Dan Boneh の講演はグループ署名
    に関する内容であった.どちらも非常にわかりやすい講演であった.

    RSA 会議はセキュリティ関連の展示会場を併設する会議であり,
    セッションは情報セキュリティ (cryptographer)だけでなく,
    standards, secure web services など13セッションが並列に開催
    される非常に大きな学会である.
    今年度は,RFID のプライバシ保護対策を施した製品の展示が
    RSA 社からされており,Burt Kaliski 自らブースで説明を行っていた.

    今年度は,参加人数が非常に減った昨年度と比較すると,大分参加
    人数が増えたように思われる.


【戻る】