Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English

CRYPTO 2009-08 University of California, Santa Barbara in USA 2009.08.16-20

  1. 宮地教授

  2. 学会の様子

    今年の参加人数は300人ぐらいであり,昨年と同じぐらいと思われる. アクセプト率は 40/213(18.7%) (2論文はマージされて38件の発表)である. 昨年より投稿件数は増えた. 今回は応用の論文は少なく,通常の暗号理論が中心となる.merkle puzzles やゲーム理論を用いた話題などセッションは多岐にわたった. 今年のランプセッションもフォーマルなセッションで,最近の最も重要な 成果である lattice の成果をアナウンスした歌で締めくくられた.


【戻る】