Top | 研究室紹介 | メンバー紹介 | 研究室業績 | 学会関連 | 関連情報 | イベント | English

CHES 2010-08 Santa Barbara, California, USA 2010.08.17-20

  1. 宮地教授

  2. 学会の様子

    今年はCRYPTOとの連続セッションであったこともあり,では 300 人 を超える参加者であった.CRYPTOも 400人を超え,会場は一杯であった. 椅子がなく床に座っている人も多くいた. アクセプト率はCRYPTOは 39/203(19%) , CHESは 30/108 (27%) である. 招待講演もCRYPTOとCHESでジョイントで行われたこともあり,会場は今までになく 一杯であった. CRYPTO のセッションでは講演と同時に手話での説明も設定されていた. CHESは全部で10セッションあり,低CPUに適した暗号方式,効率的な演算・ 実装方法,サイドチャネル攻撃・フォルト攻撃とその対策方法, SHA3の評価についてなどの講演があった. 招待講演は「Is Theoretical cryptography and good in practice? 」 というタイトルで Ivan Damgard と Davis Naccache の2名が講演した.


【戻る】