科学研究費

2015-18年 理論的な安全性評価が可能な耐タンパーソフトウェア技術の研究 基盤研究(C) 課題番号(15K00183)
2015-17年 IoT環境向けの認証及びプライバシー保護手法 若手研究(B) 課題番号(15K16005)
2015-18年 共通鍵暗号の精密解析に関する研究 若手研究(B) 課題番号(15K16004)
2011-13年 楕円曲線上の離散対数問題の安全性に関する研究 挑戦的萌芽研究 課題番号(23650006)
2009-13年 センサネットワークの安全・安心を保証する情報セキュリティ技術の研究 基盤研究(A) 課題番号(21240001)
2008-10年 効率的なサービス不能攻撃対策の研究 基盤研究(C) 課題番号(20500075)
2008-11年 大量の情報の機密性・完全性を保証する情報セキュリティ技術の研究の研究 基盤研究(B) 課題番号(20300003)
2007-9年 楕円曲線上の離散対数問題の安全性評価に関する研究 萌芽研究 課題番号(19650002)
2005-8年 サイドチャンネル攻撃に対して安全な公開鍵暗号に関する研究 基盤研究(B) 課題番号(17300002)
2005-6年 効率的なIPトレースバックおよびその理論的評価に関する研究 基盤C(一般) 課題番号(17500035)
2004-5年 モバイルエージェントにおけるセキュリティ技術の研究開発 萌芽研究 課題番号(16650011)
2004-5年 秘密鍵の動的な攻撃に対して安全な鍵進化公開鍵暗号に関する研究 特定領域研究 課題番号(16016242)

他府省・地方公共団体からの競争的資金

2014-19年 『ビッグデータ統合利活用促進のためのセキュリティ基盤技術の体系化』
ビッグデータの解析結果は新製品開発など様々な活用が期待され,データ収集・ 解析・利用の促進・定着は重要である.ビッグデータ流通システムの促進・定着には,データ所有者,解析機関,利用機関の各エンティティがwin-winの関係を築けることが必須である.既存研究では解析機関に着目した研究が多いが,本研究課題はデータ所有者に着目し,データ解析結果の適切な対価の還元・フィードバックを実現し,データ所有者,解析機関,利用機関を信頼の環で連結する.またサイバー攻撃など各種攻撃に対する頑健性も考慮し,ビッグデータの収集・解析・利活用・所有者還元をセキュアかつフェアに実現する安全かつプライバシに配慮したビッグデータの流通プラットフォームを実現する.さらに,ビッグデータを利用する2分野である,予防安全及び医療において,実際に構築した安全なビッグデータ流通システムを実証し,運用時の問題をフィードバックしてさらなる改良を行う.
独立行政法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST)
2006-7年 簡易電子個人認証・承認システムの研究・開発 独立行政法人科学技術振興機構・実用化検討に係る試験研究
2005-6年 楕円曲線暗号の安全性に関する研究 財)大川情報通信基金研究助成
2003年 グリッドコンピューティングにおけるセキュリティ技術の研究開発 通信・放送機構国際共同研究助成
2001-3年 情報セキュリティ高度化のための第3世代暗号技術の研究開発 通信・放送機構高度通信・放送研究に係る研究開発
2001年 大規模なオープンネットワークにおける柔軟な認証方式の研究 通信・放送機構国際共同研究助成
2001年 フレキシブルで安全なデジタルコンテンツ構築システムの研究開発 通信・放送機構産学連携支援・若手研究者支援
2000年 簡易認証機能を持つウイルス対策システム 情報処理振興事業協会セキュリティセンター H11年度「情報セキュリティ研究開発
1999年 簡易認証機能を持つウイルス対策システム 情報処理振興事業協会セキュリティセンター H11年度「情報セキュリティ研究開発」

研究助成法人・民間企業等からの競争的資金

2006-7年 楕円双線形暗号に適した楕円曲線暗号の構成に関して 財)三菱財団
2005-6年 楕円曲線暗号の安全性に関する研究 財)矢崎科学技術振興記念財団研究助成
2004-6年 ネットワークにおける動的な攻撃に対して安全かつユーザの動的変化にフレキシブルに対応可能なデータ配送に関する研究 財)テレコム先端技術研究支援センターSCAT 研究費助成
2004年 安全かつ便宜な電子サービスの実現に関する研究}&研究助成 稲盛財団研究助成
2000年 安全で高性能な多機能署名システム設計に関する研究 旭硝子財団研究助成制度
1999年 公開鍵暗号の安全性の研究 女性のためのエッソ研究助成制度

海外渡航費援助

2017年 51st Annual Conference on Information Sciences and Systems (CISS), 2017 アメリカ,ボルチモア JAIST研究助成金 A Simple Construction of Encryption for a Tiny Domain Message, IEEE Xplore
2016年 Conference Name: International Cross-Domain Conference on Availability,Reliability, and Security in Information Systems (CD-ARES), 2016 オーストリア,ザルツブルグ 財団法人 数理科学振興会 A Blockcipher based Authentication Encryption, (Lecture Notes in Computer Science, 9817(2016), Springer-Verlag, pp. 106-123)
2015年 Sixth International Workshop on Trustworthy Computing and Security (TwCSec 2015) 台湾,台北 公益財団法人 電気通信普及財団 Analysis of Path ORAM toward Practical Utilization
2015年 29th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA 2015) 韓国,光州 財団法人 数理科学振興会 A new (n, 2n) Double Block Length Hash Function based on Single Key Scheduling
2014年 9th Asia Joint Conference on Information security (AsiaJCIS 2014) 中国,武漢 財団法人 数理科学振興会 A New (n, n) Blockcipher Hash Function: Apposite for Short Messages
2014年 The 28th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications, AINA 2014 Victoria, Canada 電気通信普及財団 RFID Path Authentication, Revisited
2014年 The 8th International Conference on Network and System Security (NSS 2014) 中国, 西安 財団法人 数理科学振興会 Improving impossible differential cryptanalysis with concrete investigation of key scheduling algorithm and its application to LBlock
2013年 The 12th IEEE International Conference on Trust, Security and Privacy in Computing and Communications, IEEE TrustCom-13 Australia, Melbourne 財団法人 数理科学振興会 Private Multiparty Set Intersection Protocol in Rational Model
A fully-secure RFID authentication protocol from exact LPN assumption
2012年 The 6th International Conference on Network and System Security, NSS 2012 中国,福建省 財団法人 NEC C&C財団 A Secure and private RFID authentication protocol under SLPN problem
2011年 The 14th Information Security Conference, ISC 2011 中国, 西安 財団法人 電気通信普及財団 Adaptive Secure-Channel Free Public-Key Encryption with Keyword Search Implies Timed Release Encryption
How to Find Short RC4 Colliding Key Pairs
2011年 The 16th Australasian Conference on Information Security and Privacy, ACISP 2011 オーストラリア, メルボルン 財団法人 小笠原科学技術振興財団 Toward Dynamic Attribute-Based Signcryption (Poster)
T-Robust Group Key Exchange Protocol with O(log n) complexity
2010年 The 7th Conference on Security and Cryptography for Networks, SCN2010 イタリア, アマルフィ 財団法人 情報科学国際交流財団 Generalized RC4 Key Collisions and Hash Collisions
2010年 The 4th International Conference on Provable Security, ProvSec 2010 マレーシア, マラッカ 財団法人 小笠原科学技術振興財団 A Timed-Release Proxy Re-encryption Scheme and Its Application to Fairly-Opened Multicast Communication
2010年 The 6th Information Security Practice and Experience Conference, ISPEC 2010 韓国, ソウル 財団法人 NEC C&C財団 A New Class of RC4 Colliding Key Pairs With Greater Hamming Distance
2009年 The 5th Information Security Practice and Experience Conference, ISPEC 2009 中国, 西安 財団法人 電気通信普及財団 A Ciphertext-Policy Attribute-Based Encryption Scheme with Constant Ciphertext Length
Top