目的

本研究交流は日本と台湾の間で研究交流を実施することにより、我が国の科学技術の将来の発展に資することを目的としています。

本研究概要

IoTデバイスのための新しい軽量暗号システムに関する研究と台湾のeHealth 環境への応用

IセンサやRFIDなどのIoTデバイスは計算能力やバッテリ等のリソースが一般に貧弱であり、効率の良い暗号プリミティブ技術が必要とされる。 本プロジェクトでは、IoTデバイスに対する軽量暗号技術を開発する。開発した軽量暗号技術を用いた,IoT環境における認証とアクセス制御技術を開発する。 これらに基づくeHealthアプリケーションを実装し、長庚病院(Chang Gung, 台湾)で使用して評価する予定である。


外部リンク
国際科学技術協力基盤整備事業 「日台研究交流」における平成27年度新規課題の決定について

共同研究ワークショップ
プログラム
ワークショップ内容

Top